無料RSSマガジン発行者登録規約

第1条(規約の適用範囲)
規この規約は、RSSマーケティング株式会社(以下、弊社という)のRSSマガジン発行システムを利用して 無料RSSマガジンの発行を希望する方及び発行者登録を行った方に適用されるものとします。
第2条(定義)
本規約における用語を次の通り定義するものとします。
  1. 「RSSマーケティング」 RSSマーケティング株式会社または、「RSSmag」運営を継承するものとして、RSSマーケティング株式会社が指定した個人、法人等
  2. 「RSSmag」 メールマガジン発行者作成の著作物を、RSSに変換しその購読希望者に対して公開するサービス。
  3. 「RSSマガジン」 メールマガジン発行者が「RSSmag」を利用して、購読希望者に対してRSSを利用して公開する著作物。
  4. 「発行者」 「RSSmag」を利用して、RSSマガジンを読者に公開する資格を取得した個人、法人等。
第3条(発行者となる資格)
個人等(一人の個人又は複数の個人の私的な集まりをいう)又は法人等(法人又は法人格のない任意団体をいう)で RSSマガジンの公開を希望する方(以下、発行希望者という)は、発行者となることができます。ただし、過去に 発行者登録を取り消されたことがあるなど、弊社が不適当と認める事由がある方は発行者となることができません。
第4条(発行者登録)
  1. 発行者としての利用希望者は、本規約を承認の上で、「RSSmag」が指定する登録用フォームに必要事項を 入力することにより「RSSmag」における発行者としての登録申請をするものとします。
  2. 「RSSmag」は、前項に従った発行者会員登録申請を受け付けた場合、必要な審査、手続き等を行った上で、 当該発行者登録申請を承諾するかどうかを決定するものとします。但し、「RSSmag」は特段の理由なく当該 発行者登録申請を拒絶することができ、また、発行者登録申請を拒絶した場合でもその理由を発行者登録申請者に 開示する義務は負わないものとします。
  3. 「RSSmag」が前項に従って発行者登録申請を承諾した場合「RSSmag」は当該発行者登録申請者に対し、 承諾する旨を通知するものとします。当該通知の到達により、当該発行者登録申請者は発行者となり、発行者と 「RSSmag」との間で本規約を内容とする「RSSmag」発行者契約(以下「発行者契約」といいます)が 成立するものとします。かかる発行者契約の成立をもって発行者は本規約内容の不知ないし不承諾を主張できないものとします。
  4. 「RSSmag」は、発行者の承諾を得ることなく、「RSSmag」のホームページ上に本規約の改定版を掲載する ことにより、本規約を変更することができるものとします。発行者は、当該変更された規約を承諾できない場合、 当該変更規約が「RSSmag」のホームページ上に掲載後2週間以内に第5条の定めに従い退会手続きをとるもの とします。かかる2週間以内に発行者が退会手続きをとらない場合には、かかる2週間が経過した時点で当該変更 規約は当該発行者によって承諾されたものとみなし、発行者との発行者規約も有効に変更されるものとします。
第5条(個人情報の扱い)
1. 個人情報の取り扱いは、別途定める個人情報保護方針に従うものとします。
2. 弊社は、登録発行者の個人情報を、発行審査及び登録発行者への連絡の目的でのみ使用します。
第6条(登録発行者の責務)
発行者登録申請を行い登録を承認された発行者(以下、登録発行者という)は、次の各号に掲げる責務を負います。
  1. 弊社からの連絡及び告知を遅滞なく確認し、必要な対応を行うこと。
  2. 第3条の一から五に変更があったときは、速やかに変更手続きを取ること。
  3. 付与されたIDとパスワードを厳重に管理すること。
  4. メールマガジンを誠実に発行すること。
  5. メールマガジン発行によって第三者(読者、他の登録発行者等を含む)との間でトラブルを起こさないよう相当の注意を払うこと。また、発生したトラブルは自己の責任において解決すること。
第7条(禁止事項)
発行者は、「RSSmag」サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。また、この基準の変更・付加については、随時「RSSmag」ホームページ上に掲示するものとする。
  1. 他の発行者、当該RSSマガジンの購読者、第三者もしくは「RSSmag」の著作権、その他の権利を侵害す る行為、また侵害する虞のある行為
  2. 他の発行者、当該RSSマガジンの購読者、第三者もしくは「RSSmag」の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害する虞のある行為
  3. 他の発行者、当該RSSマガジンの購読者、第三者もしくは「RSSmag」に対する誹謗中傷もしくは名誉を傷つける行為、またはそれらの虞のある行為
  4. 他の発行者、当該RSSマガジンの購読者、第三者もしくは「RSSmag」に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらの虞のある行為
  5. 公序良俗に反する行為もしくはその虞のある行為
  6. 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそれらの虞のある行為
  7. 事実に反する、またはその虞のある情報を提供する行為
  8. IDおよびパスワード(以下にて定義)を不正に使用する行為
  9. アダルト関連、ねずみ講マルチ商法またはチェーンメールに該当するまたはこれらとリンクを貼るRSSマガジンの発行
  10. 読者からのクレームが多いと「RSSmag」が判断するRSSマガジンの発行
  11. 発行者の気迫が感じられないRSSマガジンの発行
  12. 法令に違反する、または違反する虞のある行為
  13. 読者から直接得た場合を除き、「RSSmag」を通じて知り得た読者に関する情報の全部または一部を、「RSSmag」または該当する読者からの書面による事前の同意を得ることなく、利用する行為
  14. サイドビジネス紹介においてトラブルが発生する恐れがあると「RSSmag」が判断するRSSマガジンの発行
  15. 広告等、本来のRSSマガジンの内容と関わりのないものが誌面の三分の一以上を占めるRSSマガジンの発行
  16. その他、「RSSmag」が不適切と判断する行為
第8条(発行者登録の譲渡)
1. 登録発行者が相続、法人の合併又は分割、事業の譲渡又は継承等、登録発行者たる地位を譲渡するべき理由があるときは、弊社に申請して発行者登録を他の登録発行者に譲渡することができます。
2. 登録発行者が2誌以上のメールマガジンを発行している場合は、譲渡を受ける登録発行者はそのすべての発行を引き継ぐものとし、一部についてのみ発行者登録を譲渡することはできないものとします。
3. 登録発行者が弊社に対する債務又は債権を持っているときは、譲渡を受ける登録発行者がこれを引き継ぐものとします。
第9条(発行者登録の取消及び一時停止
1. 弊社は、登録発行者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、当該発行者登録を取り消し、又は発行者ログインを一時停止することがあります。
  1. 第6条に掲げる責務を果たさないとき。
  2. 第7条に該当する禁止事項を行ったとき。
  3. 連絡用電子メールアドレスに送信する弊社からの電子メールが不達となったとき。
  4. 長期間にわたってログインがなく、利用されていないと認められるとき。
  5. メールマガジンの発行状況に問題があると認められるとき。
  6. その他、発行者登録を継続することが不適当な事由があるとき。
  7. 発行者登録の取消は発行者資格の剥奪を意味するものであり、弊社は登録取消後ただちに当該登録発行者の発行者ログインを停止し、発行しているすべてのメールマガジンを廃刊とします。
  8. 発行者ログインの一時停止中は、発行しているすべてのメールマガジンも一時発行停止となります。ただし、本条1項に掲げる事由が解消されたと弊社が判断した場合には、発行者ログインの一時停止は解除され、当該登録発行者はメールマガジンの発行を再開することができます。
4. 登録発行者は、弊社への申請により発行者登録の取消、又は発行者ログインの一時停止を行うことができます。
発行者ログインを一時停止した場合、再開を希望するときは登録発行者自身が弊社に申請を行うものとします。
第10条(システムの停止)
1. 弊社は、システムの保守のため、サービスの一部又は全部を一時停止することがあります。
この場合、弊社は第10条で定める手段により登録発行者に対して事前に告知するものとします。ただし、緊急を要する保守及び軽微な保守の場合は、この限りではありません。
2. 弊社は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。
第11条(弊社からの連絡及び告知)
1. 弊社は連絡用電子メールアドレスへの電子メールの送信又は所定のウェブページへの掲載によって、発行希望者及び登録発行者への連絡又は告知を行うものとし、これによって連絡又は告知事項が発行希望者及び登録発行者に到達したものと見なします。
2. 前項にかかわらず、弊社は電話、ファクシミリ、郵便その他の手段によって、発行希望者及び登録発行者への連絡を行うことがあります。
第12条(免責事項)
  1. 「RSSmag」は、RSSマガジンの内容等につき、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証をもしないものとし、かかる内容につき一切の責任を負いません。
  2. 「RSSmag」の提供、変更、中止もしくは廃止、システムダウン等予期せぬ事故によるRSSマガジンもしくは掲示板に書き込まれた内容等の一部または全部の消失、プログラムの不具合によるRSSマガジン、書き込み内容等の一部または全部の消失、およびその他「RSSmag」サービスに関連して発生したあらゆる損害について、「RSSmag」は本規約に明示的に定める以外一切責任を負いません。
  3. 「RSSmag」サービスの利用に関連して、発行者が他の発行者もしくは読者などの第三者に対して損害を与えた場合、または発行者もしくは「RSSmag」と他の発行者もしくは読者などの第三者との間で紛争が生じた場合、当該発行者は自己の費用と責任で解決するものとし、「RSSmag」に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
  4. 「RSSmag」は、「RSSmag」のサーバに対する外部からの無権限アクセスにより発行者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。かかる外部とは、RSSマーケティングが設置している以外のサーバをいいます。
  5. 弊社の責めによらない事由により、登録発行者への連絡又は告知が伝わらなかったことによって発生した損害。
  6. 弊社の責めによらない事由により、IDとパスワードが不正利用されたことによって発生した損害。
  7. 理由にかかわらず、メールマガジンの不配、未配、遅配又は誤配によって発生した損害。
第12条(準拠法・合意管轄)
本規約の準拠法は日本法とします。また、弊社と発行希望者又は登録発行者との間で生じた紛争については、東京簡易裁判所ないし東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
第13条(規約の改定)
本規約を改定するときは、第10条で定める手段により事前に改定の内容について告知を行い、発行希望者及び登録発行者は改定後の規約を承認するものとします。
附 則
この無料RSSマガジン発行者登録規約は、2005年8月1日から実施します。